Play of butterfly

どーも、偏ってます。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2012.07.22 Sunday

Game業界ネタ 〜OUYA - オープンハードウェアがもたらす業界の未来の一遍。〜

さて、ゲーム好きな人なら既にご存知かと思いますが
Crowd Funding の雄 Kickstarter で $5,000,000 もの資金を集め
現在もその数字を伸ばし続けている化物プロジェクト -




その名も 「 OUYA 」 。




簡単に説明すると、 「 Android OS で動く据え置きゲーム機 」 です。






もう少し補足すると、


-------------------------------------------------------

・リリースされる全てのゲームが Free 2 Play (無料で遊べる部分が必ず存在)

・現行の据え置き機と違いゲームを開発するためにハードウェアベンダーに対してお金を払う必要が無い

価格は $99

・無論、無線コントローラー付き

・ハッキング上等、むしろ歓迎(違法にデータを改竄して遊べという意味ではなく OPEN-HARDWARE の意味)

-------------------------------------------------------


といった情報が公開されています。








多少なりとも興味が沸いた方は、是非 Kickstarterのページを一読する事をオススメ。


KICKSTARTER - OUYA






さて、美味しそうでいて怪しく香ばしい臭いが漂っているプロジェクトですが
個人的には " 超応援 " しています。

というか、




既に Backer の一人です。




つまり、来年の3月にこのゲーム機がうちに届くという事。


フハハ。




開発者としても、一ユーザーとしても $99 で面白そうな事やってるのに
乗っからない手は無いのです。ハイ。

OUYA開発者の 「 ハッキング上等 」 でウェルカム開発者な態度が ぐっ と心を掴みました。
でも、 「 売るときは30%置いていってね 」 に少し ピクッ となりますが、そこはビジネス。

個人的な淡い期待としては、MOD文化を上手く取り込んでミラクルな環境を作り上げていって欲しいです。










で、ここまで書いておいてなんですが何も心配が無いわけでもありません。




心配事を簡単に列挙すると、


-------------------------------------------------------

・使用されている Tegra3 のスペックが心配

・来年の3月リリースするってもう7月終わるぞ

本当にリリースされるのか・・・?

そもそも本当に存在するのか?

etc,etc...

-------------------------------------------------------


と、こんな感じで細かく見ていくと色々と湧き出てきます。

Tegra3 に関しては NVIDEA と密にやりとりをしている様子なので、多少の期待は持てそうですが
その他、特にデモ機なんかが本当に存在しているのかちょっと心配です。




存在していたとしても、鼻糞みたいな動作だったらどうしよう。

だいじょうぶだいじょうぶOUYAは良い子だいじょぶいけるまだいける。





こんな心配事が全て杞憂に終わり、この Happy なハードウェアが
一日でも早く誕生できるように心から祈っています。










そんなわけで、


僕 の 手 に 早 く O U Y A を !!!!!

0
    2012.03.28 Wednesday

    Game業界ネタ 〜Capybara Games Inc - センスの良いドッター居住区。〜

    今日は CAPY こと Capybara Games Inc の新作が熱そうなので多忙な合間にカキカキ。


    Might & Magic Crash of Heros でこの会社を知ったのは何年前だろうか。
    最近では SUPERBROTHERS: SWORD & SWORCERY EP でスマッシュヒットを飛ばしている。




    そして、最新作は IGF の XBLA部門 で No.1 に輝いた、


    "Super Time Force"










    とりあえず、PAX East 2012 に参加できる人は是非 CAPY のブースに足を運んであげてくれ。






    なに?遠すぎて行けない?








    奇遇だな、俺もだよ。




    まぁ、そんなわけで腕利き Indie Developer の CAPY を
    今後も応援していきたいと思ったよ、って話でした(`・ω・´)

    0
      2011.09.27 Tuesday

      Gameネタ 〜Sense of Wonder Night 2011 - Incredipede っていうか、Mr.Colin Northway の生き様がスゴイ。〜

      TGS のビジネスディに Sense of Wonder Night というコンペが開かれている。
      個人的には 金が絡んでいないので ではなくて、 なんかこう・・・見る分には良いけど参加する場合は広報目的以外に
      あまり意義を見出せないコンペ。 なんか未来に繋がる可能性や期待が低いというか。

      まぁ、そんなことは置いといて。

      今年の参加者の中で一際輝いていた制作スタイル、
      いや、ライフスタイルを貫いている人がいたのでぴっかっぷ。


      彼の名は、 Mr.Colin Northway 。
      現在製作中のタイトルは 『 Incredipede 』 という。









      動画をご覧になった方は既にお分かりだと思うが、彼は旅行者である。


      俗に言う、 『住所不定、有職』 スタイル。


      しかも夫婦で。 ヤバイ、素敵過ぎる・・・。
      そして旅行の記録が更に素敵。


      Apes Abroad - Travelogue


      彼等が今の生活を今後どこまで続けられるかは分からないけれど
      個人的にはこういった行動を取れる人を応援&尊敬している。

      自分には不可能な行動だけに、是非がんばって欲しい。








      そんなわけで、彼等にヒット作が生まれる事を祈る!
      Bon Voyage Mr. and Mrs. Northway !

      0
        2011.03.09 Wednesday

        Game業界ネタ 〜GDC 2011 - 40代の主婦は電子ゲームの夢を見るか?〜

        行ってないのに心だけはいっちょ前にアルカトラズなどうもアバラです。
        毎度のことながら GAME Watch 様の GDC 記事で気になったやつをチョイス。


        アメリカの40代女性はどんなゲームで遊びたいのか?

        「Designing Games for the 43-Year-Old Woman」





        " Designing Games for the 43-Year-Old Woman " と銘打たれたこちらの講演。

        なんと講演者は現役バリバリ 「 42歳の主婦 」 。

        その正体は、今をときめく Zynga のゲームデザイナー Chris Trottier 氏。


        ちなみに、記事のタイトルを見て 「 フハハ! 40代の女性だと? 拙僧が穿つのは若きゲーマー世代一点のみっ!! 」

        と、思った夢追い腐れ外道な中二病患者様は今一度自分の脳味噌の立ち居地を考えてください。
        だって、40代の主婦層ですぜ? GDC の題材として超面白そうじゃないの。
        今年行ってたら、この講演が一番見たかったかも。




        講義ではまず始めに Trottier 氏はこう宣言したそうな。

        「 この講義を Zynga のためでなく自分の主観で行なう。 他の女性開発者の同意は得られないかもしれない 」

        なにこの溢れ出す 中年女性らしからぬ 漢気。 素敵。
        内容については所謂ライトユーザー向けの制作方法に被る箇所が多いけれど、
        「 The Sims 」 におけるアクションのダウンロード数なんかは女性特有な感じがして参考になる。
        Trottier 氏の個人的な意見も含んでいるが、全体を通して 「 大人の女性 」 に対して制作する場合の
        良質な注意点が多く含まれており、この稀有な講義を現地で聞いた人はとても参考になったのではなかろうか。




        自分もこれを参考に、今作っている物を大人の女性向けに軌道修正したいと思う。










        ワタクシ、今嘘をつきました。


        ゴメン、無理むり大人の女性ムリ。
        どちらかというとふぁんたじーとちゅうがくせいがそうぞうするようなすとーりーがおりなすゆめものがたりだよ(´・ω・`)
        拙僧が穿つのは中二病患者とディープユーザーというニッチな皆様です。

        で、でも面白くしてやるんだから!
        あ・・・あんたのためじゃないんだから! かんちがいしないでよねっ!!




        そんなわけで、確定申告も無事終わった ( はず?な ) ので次はモリモリ制作なり!

        0
          2011.03.07 Monday

          Game業界ネタ 〜GDC 2011 - 長い長い洞窟物語のお話し。〜

          洞窟物語というか業界的には Cave Story といった方がしっくりくるという恐るべきワールドワイド同人ゲーム。
          なんと今年の GDC では、 制作者である PIXEL こと 天谷大輔氏の講演が行なわれた模様。


          GAME Watch - 個人開発者の天谷大輔氏が「洞窟物語」で講演

          北米からも賞賛されるゲームの開発ポイントを語る





          もしかして、このお方はあれなんじゃなかろうか。
          この業界で言うところの、いわゆる 「 宮本茂系 」 の人なのでは。

          つまり、能力値は万能型なんだけど


          それら全てが90点台をキープしているという。


          こういったゲームゴッド達は類に漏れず、どこかしら尖がり過ぎていたりするのが難点なんだけど、
          天谷氏からはそれが伝わってこないといいますか。 超人かテメェwwwといいますか。

          やっぱあれかな。個人でやってると対人関係とかサラリーとか塩分とか含めた余分三兄弟とか
          あまり多く苦労することが少ないから、こう・・・禅問答みたいな状況に陥って更に精神が洗練されて
          こういった天谷さんみたいな努力型の天才が生まれやすいんだろうか。




          つまり俺も努力次第で天才の仲間入り!

          できたらこんなに内臓に負担をかけずに済むわけでして・・・ <´・ω・`||>


          というかね、そもそも




          2年かけて作ったデータを捨てて、

          もう2年かけて作り直す精神力が凄まじ過ぎる。



          アタイ、天谷さんはもっと報われても良いと思うの(`・ω・´)
          そしてそのおこぼれにいやしきわたくしめも(ry






          天谷さんの心意気と半ばヤケクソ気味に作り直した2度目の制作力に敬礼!!

          0
            2011.03.07 Monday

            Game業界ネタ 〜GDC 2011 - ライトの突発的宇宙代入法と、モリニューの魔法の風呂敷。〜

            Game Watch 様に掲載されていた、 GDC 2011 のウィルライト&ピーターモリニュっつぁんの記事を読む。

            Game Watch - 箱庭ゲームの金字塔「ポピュラス」、そして「バンゲリングベイ」

            今も第一線で活躍する2人の巨匠が語る、初めてのゲーム開発秘話







            畜生なんて面白そうなヤツ等なんだ。


            モリニュっつぁんは昔っから魔法の風呂敷を使っていたのか。
            犯罪者じゃないけど、善人でもないw

            ウィルライト先生も相変わらずで、今回の宇宙話も聴衆の心をワシ掴みにしたご様子。
            バンゲリングベイにこんなチェーンシステムがあったとは・・・分かり辛いのが本当に勿体無い。

            ライト先生、一回くらい生で見たいなぁ。 モリニュっつあぁんは・・・面倒臭そうだからいいやw






            もうしばらくは GDC 2011 のネタが続きます(`・ω・´)

            0
              2011.03.02 Wednesday

              Game業界ネタ 〜GDC 2011 だよ! 全員集合!!〜

              はい、また今年もこの季節がやって参りました。

              ゲームにお熱なおバカさんたちのパーリィ、 GDC 2011 でございます。


              昨年もエンジン関連の技術でウホウホしておりましたが、どうやら今年も うほっ となれる模様。
              Unreal Engine 3, Frostbite 2.0, id TECK5, Unity, etcetc... と目白押し。
              既に講演は始まっており、 「 Unreal Engine 3 が DirectX 11 に対応 」 や、
              「 Frostbite 2.0 が NVIDIA の " SRAA " ってアンチエイリアス技術を採用 」 といった情報がチラホラ出てきている。

              どいつもこいつも、早く実際に動いているところを見てみたい。






              まぁ、今のところこの動画が一番素晴らしいデキだったんだけどね。









              悪 気 な さ 過 ぎ wwwww


              懺悔とか後悔とかこれっぽっちも無いところが素敵。
              日本でこんなことやろうものなら酷い目に合いそうだ・・・。
              お米の国は商業的なスーパーパロディ二次創作に対して寛大なところが良い。 文化の違いだろうけど。

              この一週間は退屈しないで済みそうだ。





              ていうか、確定申告やらダンボール戦記で

              退屈どころか今日も2時間しか寝てないんだった。





              HAHA。






              まずはかくていしんこくとげーむせいさくからかたづけようそうしよう(`・ω・´)

              0
                2011.02.22 Tuesday

                Game業界ネタ 〜Minecraft - □ + □ = ∞。〜

                この世で一番ボンクラな平日の名を欲しいがままにする火曜の昼下がりにごきげんよう皆様。
                未だに PC と電源ケーブルの仲を取り持つことができないため、わたくし携帯からの更新ですの。

                いい加減、メールチェックしないとオラ世間の波から取り残されっぞ。
                HAHA 、 大丈夫大丈夫。 ぼくはすまーとふぉんゆーざー。 まだいける。


                そんなわけで、WEBの片隅で見かけた Game Developer magazine 2011年2月号の表紙がヤベェ。









                That's Minecraft.


                Cubu形状が与える荒削りなイメージが想像力を爆発させ、脳内補完をより促進させる。
                そんな Minecraft の果てし無い懐の深さを、実に良く表現している一枚。

                Indie 系タイトルを漁る身としては、最早避けては通れないタイトル。


                でも、確実に時間泥棒なので避けますけど。


                とはいえあれね、やっぱ火が着くタイトルってのは、見てるだけで楽しいもんだね。
                他人のプレイが広告媒体ってのはすごいわ。

                そんな Minecraft Love なユーザーが生み出した、素敵ムービーがあるので観てみるとしよう。











                なるほど。




                とりあえずやってみるか。


                いやいやいかんいかん、いかんがな。
                これは時間泥棒。 華麗なる刻の盗人。

                いやしかし、なんというパワー・・・ こら触りたくなるわ。






                ここは ぐっ と堪えて、己のゲームを作る事に集中します(`・ω・´)

                そんなわけで Ganbare! Minecraft!

                0
                  2011.02.15 Tuesday

                  Game業界ネタ 〜Fractiv LLC - 旧 Offset Software の面々は、今。〜

                  過去に幾度か Offset Software 社についてのエントリーを行なってきた。
                  最後のエントリーは 「 スタジオの閉鎖 」 という最も残念な内容だった。

                  会社も Offset Engin も失った彼等は、 FRACTIV LLC という会社を新しく設立。
                  そして今現在、どういった活動を行なっているのか気になったので久々に覗いてみた。


                  FRACTIV LLC




                  サイトを確認してみたところ、どうやら主戦場をスマートフォンに移して活動を行なっているご様子。
                  既にリリースしているタイトルもあり、現在は " The Gunsmith " という名の西部劇アクションRPGを鋭意製作中。
                  対応プラットフォームは iPhone , iPad , Android を予定。
                  PC やコンソール版について、何かしらの事を公約できるのは随分と先になりそうとのこと。


                  Project Offset についても触れられているが、何とも切ない内容・・・。
                  う〜ん・・・色々あったんだろうけど、何も閉鎖しなくても良かったんではなかろうか?
                  でもまぁ、決定権は Intel がワシ掴みにしてるだろうし何ともならんか。




                  FRACTIV LLC は技術力もあるし、買収で手に入れた資金で当面安泰だろうから、
                  次は是非、心行くまで開発に専念して欲しい。

                  The Gunsmith は日本語版も作ってくれると俺感涙。






                  オラも負けじと色々やるぞ(`・ω・´)

                  0
                    2011.02.04 Friday

                    Game&Game業界ネタ 〜Lugaru HD - Open Source に降りかかった大事件 in App Store。〜

                    まず初めに、 Lugaru HD について触れておこう。
                    下に公式サイトの画像を拝借しておいたので見てほしい。






                    画像に映っている 「 武器を持ったリアル気味なウサギさん 」 が、ゲームの主人公である " Turner " くん。

                    小さな村で仲間達と楽しく過ごし、アンティーク家具を集めたり、
                    越冬の為に、人間のおじいさんが大切に育てている畑の野菜を分けてもらう。






                    断っておくが、そんな生易しいゲームではない。


                    彼の目的は 「 復讐 」 。



                    ステージクリア型のスピード感溢れる 「 無双系格闘ゲーム 」 だ。


                    これは彼の村を壊滅させた輩を探すための旅路である。




                    どうだい? リアル気味なウサギが映っているだけの画像からは、こんなゲーム内容は想像できないだろう?
                    自分も 「 イロモノアクションアドベンチャー 」 だと勝手に思い込んでいた。

                    ゲームが気になった人は動画も見て欲しい。ついでにゲームも買ってみると開発者が喜ぶ。








                    さて、ここからが本題である。


                    この Lugaru HD に起こった大事件。
                    それは一言で言ってしまえば 「 盗作 」 である。
                    しかし、事はそう単純ではない。

                    開発元の WOLFIRE GAMES は、 Indies 業界では最早知らぬ物はいない " Humble Indie Bundle " の主催者である。
                    このイベントの特徴は、全てのタイトルが DRM Free ( 無限コピー可能 )であるということ。
                    そして、ソースコードを公開する " Open Source " というところにある。
                    ソフトウェアの海賊版に対する新たな試みとして、実に素晴らしい結果を残したイベントだったと思う。


                    しかし誠に残念ながら、今回この " Open Source " を利用した悪意ある犯罪が行なわれてしまった。
                    その悪意ある犯罪者の名前は、 " iCoder " ( Michael Latour ) 。


                    なんと、本家 「 Lugaru HD 」 より圧倒的に安い値段 ( 10分の1 ) で
                    偽物 ( とはいえ中身は本物 ) の 「 Lugaru HD 」 を売り出したのだ。



                    しかもその場所は、 公式 App Store 。


                    これは新たな海賊行為・・・いや、もっと酷い愚行だ。
                    Free でバラ巻くのではなく、公式 App Store に載ってしまっているのだから。
                    本家 Lugaru HD がリリースされてから大した間も無くだ。
                    これにより大なり小なり 「 売上げが減少した 」 といった、直接的な問題も生まれただろう。

                    しかし、自分が思うに最も深刻な問題は WOLFIRE GAMES 等が " Humble Indie Bundle " により推進してきた
                    " DRT Free " や " Open Source " に陰りが見えてしまうことだ。

                    金と時間と魂を込めて本気で開発したタイトルがサラッとコピーされた上、
                    自分が販売している店で、自分の商品の隣に格安で知らないヤツが自分のタイトルを売りに出す。

                    こんなふざけた事が起こってしまっては、 " Open Source " どころか、そもそも開発がまかり通らなくなってしまう。

                    手元に MAC が無いので確認できないが、未だにこの偽者 「 Lugaru 」 は販売されている模様。
                    既に WOLFIRE GAMES は Apple に連絡を入れて数日経っているが、まだ反応は無いとの事・・・正直信じられない。
                    Apple には一分一秒でも早い対応を切望する。


                    公式 App Store まで信頼できないとなると、我々に出来ることは開発者の個人サイトから購入することくらいだろうか。




                    より詳しく知りたい方は、 WOLFIRE GAMES の Blog も是非チェックを。

                    Wolfire Games Blog - Counterfeit Lugaru on Apple's App-Store ( developing )






                    なお、WOLFIRE GAMES が現在製作中の 「 Overgrowth 」 は、より楽しげなことになってきているので期待大。









                    最後に声高に言わせて貰おう。


                    Open Source isn't Free!

                    0

                      ▲top